市間いおり動画制作裏話

去年のエイプリルフールにTwitterで「折り紙VTuber市間いおり」というネタを出した。架空のバーチャル・ユーチューバーの動画サムネイル風のイラストだ。「市間いおり」はもちろん「一枚折り」のダジャレ。

で、このイラストを描いているときに、来年は実際に動かして動画にできたら面白いだろうなあとぼんやり考えていた。その後パソコンを新調して実現可能な環境になったので、行動に移したというわけだ。

www.youtube.com

エイプリルフールには過去にもオタク文化に絡んだネタを出してきたけど、今回はさすがにドン引きした方もいるかもしれない(ごめんなさい)。とは言え、この手の折り紙ネタ自体はいたって真面目な態度で作っている。まあ発想が明後日の方向なのは事実だけど。
以下、制作過程についてだらだらと書いていく。


使用したソフトは次の通り。
アバター作成>

  • FreeHand, Illustrator(主線作画)
  • FireAlpaca, Gimp, Gimp2(着色、PSD書き出し)
  • Live2D Cubism(アニメーション)

<ボイス素材>

<画像・字幕素材>

  • Affinity Designer

<BGM作成>

<動画編集>

市間いおりのイラストは基本的に昨年のものをそのまま使っている。内心、描き直してクオリティアップしたい気持ちもあったが、早くLive2Dを触ってみたくてぐっとこらえた。少し試してみて、目尻のデザインだけLive2Dで扱いやすい形に変えている。Live2Dのポテンシャルではもっと可動範囲を大きくできるが、顔の横方向の振り向きは難易度が高かったため、ほとんど動かさないようにした。
一般的に、VTuberとして配信をするにはLive2Dで作ったデータをFaceRigというソフトに読み込んで、ウェブカメラの顔認識でリアルタイムに動かす。問題は、FaceRigはMac版がないこと。ではどうしたかというと、実は今回の市間いおりの動きはぼく自身の動きをトラッキングしたものではなく、Live2Dのアニメーション機能を使って動かしている(見る人が見ればすぐ分かるだろう)。配信でなく動画だからこういう方法が取れた。リップシンク機能があったので、ボイス素材をまず作ってそれに合わせてアニメーションを作っていった。すべてを手付けモーションで作ったわけではなく、パラメータをランダムで動かす機能を使い、まとまった動きのパラメータを生成して切り貼りしている。表情だけはセリフに合わせて調整した。


そのボイス素材の方は、ぼく自身がしゃべったものをGarageBandのピッチ&フォルマントシフター(Vocal Transformerプラグイン)等で女性声に加工している。大概お聞き苦しいというか端的に不気味だろうとは思うが、お許し願いたい。当初はMac付属のテキスト読み上げソフトを使おうかとも思ったが、イントネーションなどの調整が大変そうなので見送り。有料の読み上げソフトはそれなりの値段がするし、さすがに一発ネタのために購入するのは気が引けた。
普段の声は低くガラガラしていて女声化に向いていないので、裏声ではないが多少高音めに発声をしている。マイクはiMacの内臓マイク。ノイズリダクションの作業を考慮し、Audacityで収録してデータを整えてからGarageBandに持ち込む手順としている。音声はもっと収録に時間をかけて行えば改善していくことは明らかだったが、まだ下流の工程がかなり控えてるのに変にこだわると完成が危ぶまれそうだったので、ある程度のところであきらめた。当たり前のことだがちゃんと活動しているVTuber/YouTuberの方々は滑舌がしっかりしてて喋り慣れている、それに引き換え……と痛感した。


もう一方のメイン素材である折り紙シミュレータの操作動画は、三谷さんがTwitterで紹介しているのを見て知った、d-origami.comを使用させていただいた。これをいじってみて、VTuberがバーチャルな折り紙をしているところってネタになるな、と思いついたのが今回の動画制作のきっかけだった。
このシミュレータは中割り折りに対応しているのだが、ピュアランドの方が無難だろうと思い、最初は「おすもうさん」を折るつもりだった。ところがこの作品は一旦折ったところをひらく作業が複数あるのと、紙の重なりが多いところがあって、これがシミュレータの誤作動を引き起こすようできれいに折り上げるのが難しいことが分かった。そこで「ピュアランド・ウィザード」に変更したのだが、こちらの方が折り数が多いにも関わらず、ちゃんと完成させることができたのは興味深い。ただし、シミュレータ独特の癖に対応するために、以前発表した折り図とはかなり工程を変えなくてはいけなかった。動画でも触れているとおり、この工程だとかなりずれやすい。最初の折り筋付けで上側にも22.5度の折り筋をつければ少し改善されるが、そこまでするとシミュレータで解説する意味が薄れてしまうような気がして、迷った末に対角線2本の折り筋のみにとどめた。一発ネタだし、チュートリアルとしての完成度は求めないつもりで作り始めたのだけど、記号や補足やらを足していると「やっぱりちゃんと折れる方がいいよなあ」と思えてきてしまう。この辺も少し心残りだ。


シミュレータを操作しているところを画面録画機能で撮影したものを、iMovieでボイス素材と編集し、全体の構成を決める。そのタイミング調整された音声だけを書き出してLive2Dで市間いおりのアニメーションを作成しブルーバック背景で書き出す(フリー版のLive2Dは透過背景の書き出しができないため)。そして折り方説明時に使う記号や字幕・背景の画像、BGM等と合わせて編集して、完成となる。ただしiMovieは動画と画像は合わせて2つの素材しか合成できないので、一旦シミュレーション動画と画像類を合成して、書き出してから再びアニメーションと合成するという手間が必要だった。
BGMも今回用にGarageBandで作った。昔に作った曲を元に打ち込み直しただけだが、自分の曲は基本的に暗くてリバーブやディレイをがしがし使う感じでBGMらしさに欠けるので、GarageBandのプリセット音源で多少チープな感じにしたかったのだった。BGMはフリー素材のものを使っても良かったから、これは完全に自己満足のため(この動画制作自体が自己満足ともいう)。


このような動画制作は初めてのことで、いろいろ調べつつの作業だった。役立つ情報を公開してくださっている方々に感謝したい。出来に関しては当然素人の域としても、ひととおり構想通りに進めることができ、無事にネタを成就できたのでよかった。市間いおりのキャラクターを使ったネタはまた思いついたらなんか作るかもしれないが、とりあえずは通常の折り紙活動に戻ることにする。

さて、この動画をちまちまと進めている間に、あやせましたさんがTwitterで気になるツイートをしていて、もしやと思ってDMで尋ねてみたところ予感的中で、彼も折り紙VTuberの計画を練っていたのだった。もっとも、ましたさんと僕とではコンセプトからして違うので、お互いに情報交換して安心したのだった。
ましたさんのチャンネルはこちら。受験で本格的始動は先になるとのことだが、期待したい。
www.youtube.com